誰でも分かるWiMAX契約の流れー機種選定からプロバイダ選定までー

トップイメージ

W06をレビュー!最新機種のWX05との違いは何か?徹底検証

W06を購入したので早速レビューをしていきます。一応、ここで確認事項があるのですが、W06はファーウェイ社の製品です。

アメリカが排除しようとしている「あのファーウェイ」です。もし、この企業を避けたいのであれば契約はしなほうがいいでしょう。NECのグループ会社であるNECプラットフォームズ製のWX05を契約しましょう。

W06のキャンペーン比較表

まずはキャンペーンを確認していきます。せっかくW06を契約するなら安いプランがいいですからね。

WiMAXで安いプランを探すのが難しい理由は、各プロバイダーによって料金プランが少しづつ違うからです。

例えば「初月料金が無料かどうか?」プロバイダーによってはいつ契約しても初月は月額料金満額のプロバイダーもあれば、初月料金が無料のプロバイダーもあります。

また、キャッシュバックプランを採用しているのか、月額割引きプランを採用しているのかによっても料金の計算方法が変わります。

ですから一番わかりやすいのは契約期間中にかかる通信料金を合計して、そこから1ヶ月分の料金がいくらになるのかを算出するのがいいでしょう。

各社1ヶ月分の料金はいくらになるのでしょうか。表でまとめてみました。

W06の契約はこちら

W06は小さくなった

これはW05との比較になるのですが、W06になってようやく本体が小さくなりました。

そもそもこれまでがでか過ぎだろ!って話なんですが。

これまでWシリーズは本体が大きいから避けてきていた人も少なくないでしょう。なにせゴツかったですから。

いまはWX05よりもやや大きいものの、W06のほうが薄いのであまり違いを感じなくなりました。どちらの機種も持ち運びに関しては同じようなものです。

あまり熱をもたない

WX05は長時間利用しているとかなり熱を持ちます。理由はわかりませんが。

W06はさほど熱を持ちません。このあたりはスマホを製造しているからかなんなのかはわかりませんが。使い勝手はいいです。WX05は場合によっては熱持ちすぎで本体ダウン!なんてことがあるみたいですし。

ファーウェイのスマホでそんなに熱を出すようなら通常利用できませんし、これほどのシェアはとれないでしょう。

スマホアプリは同じようなもの

スマホアプリの動きは対して変わりません。どちらもリモート起動はあまり実用性が高くなく、結果手動で本体のボタン押すほうが早いです。

本体が起動していればあとの操作は「通信モードの切替」や「バッテリ-モード」の変更くらいのもの。これならどちらの機種を利用ていてもどちらも同じようなものです。

じつはWX05も使っていますが、どちらも本当に大差ありません。どっちでもいいと思います。バッテリー交換できるWX05が良いという意見もあるみたいですが、バッテリーは購入すると3,000円を超えるんです。それなら1年半くらい使うと、6,000円ほどで新機種を追加購入できるプロバイダーで契約しておけば、バッテリー変えるだけよりもお得に感じたのでW06を全力で使っていく姿勢です。

ちなみに契約途中で機種を追加購入できるのはUQかBIGLOBEかsonet wimaxです。