誰でも分かるWiMAX契約の流れー機種選定からプロバイダ選定までー

トップイメージ

損しないWiMAXの契約方法を徹底解説!

WiMAXの契約を検討しているけど、損をしたくない。といっても面倒な手続きだったり、キャッシュバックが受け取れない!なんてことにはなりたくない。

WIMAXの契約を検討している人にとってみな共通の悩みでしょう。キャッシュバックの金額や月額割引きプランの料金差など、各プロバイダーによって特典が異なるために、料金プランもわかりにくいものです。

そこでこのページではWiMAXの契約の流れと選び方を紹介します。

お得な契約で家でも外でも使えるWiMAXでの通信を楽しみましょう。

WiMAXの機種選び

WIMAXで販売されているモバイルーターは各社共通です。これはどこのプロバイダーと契約しても性能は変わりません。ですから、まずは機種を決めて、それからプロバイダーを決めることにします。

2018年の11月にWiMAXのWX05が発売になり、そのあと2019年1月にW06が発売されました。WiMAXで契約できて持ち運びができるタイプはこの2機種しかありません。

ですから契約ではこの2機種から選び必要があります。では何を基準に機種を決めていくのがいいのでしょうか。WiMAX機種選びのポイントを解説していきます。

W06とWX05の違い

w06とwx05の違いがわからないと選びようがないと思うので、まずはこの2機種の違いを整理していきましょう。

WiMAXは毎年のように新機種が発売されています。しかし、最近はWiMAX2+の回線速度が上がることがないために機種によって大きく速度が上がるということがありません。WiMAX回線に大きな変化がくるとすると、次は2020年に旧WiMAXの回線が終了してその回線部分をWiMAX2+にドッキングする時になると思います。このタイミングだと速度向上が見込めそうですが、現在はそれほどの違いはありません。

ですから旧機種が極端に安いことがあれば、それを狙うのもいいのですが、旧機種が安くならない・・・。ということで速度は変わらなくても性能面でアップした最新機種を選ぶのがいいでしょう。

旧機種から新機種に更新されてどんな変化があったかまとめてみました。

  • WiMAXハイパワー対応
  • バッテリーの向上
  • wifi感度の強化

それほど大きな変化には感じないかもしれませんが細かい性能がアップすることで電波の受信感度はかなり向上しているので使い勝手はかなり良くなっています。

WiMAXハイパワー

WiMAXハイパワーは電波感度の悪い場所で速度を向上させる機能です。電波感度のいい場所ではこの機能は特に効果を発揮しませんが、アンテナがギリギリ立っている場所などでは効果絶大。

WiMAXは電波感度の悪い場所だとかなり速度が低下するものですが、WiMAXハイパワー対応機種だと速度低下をあまり感じなくなります。

この機能のおかげで利用できるエリアが実質的に広がる感じです。

バッテリーの向上

これはWX05に関してですが、バッテリーはかなり長持ちになりました。スタンダードモードで11.5時間です。

Wシリーズはバッテリーが圧倒的にもたないので、それを理由に避ける人も多いです。このあたりの比較は後ほどやりますが、バッテリー重視ならWシリーズは選ぶべきではないでしょう。

バッテリーは長持ちすればそれが一番。とにかく外出先でWiMAXの電源が切れることだけは避けたい。実際に繋ぎっぱなしにしていると、1日もたいなこともあるので、外出時間が長い人はモバイルバッテリーとの併用も考えたほうがいい。

それと、使っていない時間はスリープ状態にしておくこと。これだけでかなりバッテリーがもつようになる。

wifi感度の向上

ビームフォーミング機能でWifiをピンポイントで飛ばせるようになっています。wifiが粘り強くなったということ。ここはさほど実感はないです。

感度の向上はありがたいです。

w06とWX06はどちらを選ぶべきなのか

速度重視なら

W06はWX05に比べて118Mbpsほど速い機種になります。同じ電波を利用しているのですが、W06やW05などのファーウェイ社の機種は同じ電波をさらに高速化する技術を使っているために同じ電波でも速度が違います。

ではこの速度の差は実際に計測すると差がでるのかどうか、じつは差がでます。W06のほうが電波感度いい場所だと確実に通信速度は速いです。

ただ、これはあくまでも「計測」して分かる結果です。携帯のアプリやWebブラウザーで測定しないとわかりません。

それくらいの速度差しか無いんです。

もし速度を第一に重視するならW06を選ぶのがいいでしょう。

バッテリー重視なら

とにかく外で利用する時間が長いし、途中でバッテリが-切れることだけは避けたい。そんなあなたにはWX05がオススメ。

WX05はどのモードにしてもW06よりも長時間の運用が可能です。

参照:WiMAXのキャンペーンを比較!2020年最新のWiMAXプロバイダー・機種の選び方を徹底解説 | gmo wimaxキャッシュバックキャンペーンの3つの注意点

プロバイダーを決める

速度重視か、バッテリー重視かで機種が決まりました。次はいよいよプロバイダーを選ぶときです。

最初にオススメのプロバイダー結論を上げておきます。おすすめは「So-net WiMAX」です。

理由は「安くて」「確実に安くなる」「機種追加購入が可能」だからです。

よくGMOとくとくBBをおすすめする記事を見かけますが、GMOとくとくBBはおすすめできません。理由は「安いけど、確実に安くなるかわからない」「余計な手間が多い」「機種追加ができない」この3点です。

ようするにGMOとくとくBBは「誰でも安く契約できるわけではない」です。

以前に契約していたことがありますが、まず契約時に余計なオプションが付いてきます。これはあとから解約できるのですが、解約し忘れると料金を支払わないといけません。またキャシュバックの受け取りにも難ありです。

マイページからキャッシュバック口座を登録できるようにしてくれればいいのに、それもしてくれません。

正直面倒です。それでいてそれほど安くなるわけではありません。契約後のリスクを考えると誰にでもおすすめできるプロバイダーではありません。

ですからSo-net WiMAXを選んでおくのがいいでしょう。