WiMAXと光回線はどちらを契約するのがいいのか

WiMAXをおすすめする記事などを見かけることもありますが、どちらか片方しか契約できないとするならば光回線を契約する方がいいでしょう。そこで光回線をひくのがいいのか、WiMAXを契約するのかを悩んでいる方になぜ光回線を引くべきなのかを解説していきます。

光回線とWiMAXを比較したときに光回線が優位なる3つのポイント

もし携帯回線だけですべて事足りるなら、光回線を引く世帯は非常に少なくなるはずです。それでも光回線が引かれるのには理由があります。

光回線は制限がない

光回線には制限がありません。動画を見ても大きいファイルをダウンロードしても問題ありません。通信に障害をきたすような無茶な利用をしない限りは制限がかかることはありません。

一方、WiMAXには制限があります。3日10GBの制限です。動画なんて見ていたらあっという間に制限がかかってしまいます。

制限があるかないかによって運用が制限される。言い方を変えると制限に怯えながら通信をしなければならないのはストレスです。

家族でインターネットに接続したい場合などは、家族全員で制限のあるWiMAXに接続するのは源氏実的ではありません。あっという間に制限がかかってしまうでしょう。

光回線は速度が速い

光回線は速度が速いです。WiMAXは速度計測していても100Mbpsでていれば超高速の部類にはいりますが、光回線はその2倍や3倍の速度があたりまえのようにでます。

光回線の契約者数の増加が理由で速度が遅くなることもありましたが、最近はIPV6の登場で速度も安定して高速になっています。

回線スピードや回線の速度の安定性も光回線の優位点です。

Ping値が低い

これは家でゲームをなどをする場合に問題になります。携帯回線の利用はPing値が高くなります。Ping値は応答速度を表す数値です。低ければ低いほど優秀です。応答速度が高い数値になるといわゆる同期ズレを起こします。

「ラグい」なんて言われる現象ですね。ゲームをやるのにWiMAX回線では自分も対戦相手もたまったものではありません。

昔ほどの料金差がWiMAXと光回線はありません。ほとんどの場合には光回線が月数百円高い程度にとどまっているはずです。

まずは光回線の契約を検討して、どうしても料金や条件に納得がいかない場合にはWiMAXなどのほかの手段を検討してもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました